損害保険

組合員の先生方およびご家族・従業員の方々に幅広くご利用いただき、活動は県下全域に広がっています。
団体割引等スケールメリットによって、より安い保険料で提供しています。
(保険の加入は随時可能です。)

経営者のリスク対策

団体所得補償保険団体割引30%(無事故戻し20%)
国内・国外・業務中・業務外を問わず、ガン・肝臓病・脳卒中・心臓病など、ほとんどすべての病気やケガにより就業不能になったときに所得を補償します。
団体長期障害所得補償保険団体割引30%
ケガや病気で働けなくなったとき、公的保険や従来の所得補償保険では十分に補償することのできない長期にわたる就業障害の補償をします。
団体傷害保険(団体総合生活補償保険(標準型))団体割引30%
被保険者(補償の対象者)の日常生活のさまざまなケガを補償します。
〈保険金をお支払いする主な場合〉
・傷害事故・・・「自動車にはねられ、ケガをした」「自転車に乗ってケガをした」「階段で転んでケガをした」
・賠償事故(オプション補償)・・・「自転車運転中、通行人にケガをさせた」「買い物中過って商品を落として壊した」

従業員のリスク対策

医療従事者災害補償保険団体割引30%
従業員の方が日本国内または国外において、急激かつ偶然な外来の事故によりケガ(病気は支払われません。)をされた場合に補償します。(就業中のみ補償するプランもあります。)
労災総合保険団体割引5% 優良割引40%
政府労災保険の上乗せ補償保険です。事業主は政府労災に加入されていることが必要です。事業主に使用されている従業員の労災事故が対象になります。

医療業務によるリスク対策

個人情報漏えい保険医師協組合員専用商品
個人情報が漏えいしたことに起因して、損害賠償請求を提起され、法律上の損害賠償責任を負担する場合に被る損害(損害賠償金や弁護士費用等の支払)や各種費用損害を補償します。

外的リスク対策

集団扱火災保険(約5%割安)※
金融機関などで質権設定付の建物(自宅・医院・別荘等)も対象になります。(住宅金融支援機構等の公的融資に関わる建物は、お申込みができない場合があります。詳しくは取扱代理店または引受保険会社までお問い合わせください。) 
※割引率は保険期間・払込方法によって異なります。
集団扱自動車保険(約5%割安)※
すべての用途・車種の自動車が補償の対象となります。なお、他の保険会社から切り替えても無事故による割増引(等級)はそのまま継承できます。 また、JA共済、全労済・全自供からも継承できます。(一部等級が継承できない共済がございます。詳しくは取扱代理店または引受保険会社までお問い合わせください。)
保険料は保険開始日の通常2か月後に指定口座より引去りになりますので、ご契約時に現金は不要です。
※割引率は保険期間・払込方法によって異なります。
医療施設機械保険医師協専用設計による商品
医療施設内の機械設備・装置が一括して保険の対象になります。
医療施設内において稼働可能な状態にある機械設備・装置に生じた不測かつ突発的な事故による損害を幅広く補償します。 ただし、火災事故は補償されませんので、火災保険と合わせてのご契約をおすすめします。

その他

介護事業者賠償責任保険、ゴルファー保険、国内外旅行傷害保険 等

詳細は取扱代理店もしくは引受保険会社にご照会ください。

引受保険会社

取扱代理店

岡山医師協同組合(TEL.086-201-1414) 〒700-0835 岡山県岡山市北区東中央町3-14

承認番号

SJNK19-80601(2020年2月10日)
19-T06894  (2020年3月作成)
B20-900511  (2021/11/11)

このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。取扱商品、各保険の名称や補償内容等は引受保険会社によって異なりますので、
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には取扱代理店までお問い合わせください。

生命保険

医院を経営されている先生方はご自身が資本です。
毎日の生活に留意して健康を保つことも大切ですが、もしもの時を考えて生命保険の加入は必要となってきます。
しかし、ライフスタイルによって保障内容を見直すことは必要です。
医師協では先生方のお立場に立った生命保険の見直しも行っています。

個人年金保険  介護費用保険  定期保険  終身保険  医療保険  ガン保険 など

引受保険会社

取扱代理店

岡山医師協同組合(TEL.086-201-1414) 〒700-0835 岡山県岡山市北区東中央町3-14

上記内容については保険の概要を説明したものです。詳細は商品パンフレットをご確認いただくか取扱代理店までお問い合わせください。

共済

医師自らの手でつくりあげた医師専用の保険

JMC厚生会

休診共済・・・ケガや病気で休業した場合を補償します。
生命共済・・・死亡や重度障害状態になった場合を補償します。
下記バナーをクリックしていただければ、詳細な内容が分かり、お見積りできます。

保険加入状況確認シート

生命保険の団体扱い

団体扱いとは?

全国医師協同組合連合会が全国で加入者を取りまとめることによって、保険料が割引かれる制度です。
毎月保険会社の引き落としから、全医協連(休診共済会)からの引き落しに変更していただくだけで月々の保険料に団体料率が適用されます。

団体扱いのポイント

1.集金や保険会社からの引き落としと比べて保険料が軽減されます。(但し、月払い契約のみ)
2.これから加入される場合はもちろん、すでにご加入の生命保険でも団体扱への編入が可能です。

お申込み方法

1.新規でご契約の場合 保険契約時に保険会社または代理店に「医師協の団体扱いで」とご指定ください。
2.すでにご契約の場合 岡山医師協同組合に保険会社名と証券番号をお知らせください。

取扱可能な生命保険会社

※大同生命・SOMPOひまわり生命・東京海上日動あんしん生命・三井住友海上あいおい生命の4社は年払の取扱可能ですが、団体料率は適用できません。
※外貨建ての保険は団体扱いができませんので、ご了承ください。

保険管理表サービス

ご自分の加入されている保険の内容をご存知ですか??

多くの先生方は、何種類もの保険に加入されています。「いざ」というときに「どの保険をどのように請求すればよいか」わかりますか? 様々な特約・商品構成等を把握できていますか?保険金は、自ら請求しない限り支払われません。 ご自身で把握できていなければ、せっかく長い間加入してきたのに請求しないままになるかもしれません…

そこで「保険管理表」を作成してみませんか?
管理表を作成すれば…
・法人契約・個人契約・ご家族の保険まで一目瞭然!
・どこの保険会社に請求すればよいか、一目瞭然!
・保障額、毎月の保険料が一目瞭然!
・保険の重複加入も防げます!

労働保険

労働保険とは、労災保険と雇用保険とを総称した言葉であり、労働者を1人でも雇っていれば、その事業主は加入手続きを行い、労働保険料を納付しなければならないことになっています。
医師協へご連絡いただければ、先生方に代わって手続き・保険料納付を行います。 また、従業員数15名以下の医療機関は、事務委託手数料が無料です。

勧誘方針

個人情報保護に関する基本方針(プライバシー・ポリシー)